HIT太陽電池は夏場の温度の高いときに発電量で差がでるのですか?

Q:製品について
  なぜ、HIT太陽電池は夏場の温度の高いときに発電量で差がでるのですか?


半導体を用いた太陽電池は、一般的に温度が高くなると発電量が少なくなる性質を持っています。HIT太陽電池はアモルファスシリコンと単結晶シリコンのハイブリッド構造ですので、他の従来の結晶系Si(シリコン)の太陽電池と比べてその温度の影響が少なく、特に温度の高くなる夏場の発電に差が出ます。そのため、最も電力の需要が高まる夏場のピーク時にも、しっかり発電してくれます。



三洋電機/公共・産業用太陽光発電システム/Q&Aより掲載
http://jp.sanyo.com/solar/commercial/qa/index.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽電池・ハイブリッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HIT太陽電池は夏場の発電量で差がでるの?

Q:なぜ、HIT太陽電池は夏場の温度の高いときに発電量で差がでるの?

半導体を用いた太陽電池は、一般的に温度が高くなると発電量が少なくなる性質を持っています。
HIT太陽電池はアモルファスシリコンと単結晶シリコンのハイブリッド構造ですので、他の従来の結晶系Siの太陽電池と比べてその温度の影響が少なく、特に温度の高くなる夏場の発電に差が出ます。そのため、最も電力の需要が高まる夏場のピーク時にも、しっかり発電してくれます。



三洋電機/住宅用太陽光発電システム/Q&A/お客様の声より掲載
http://www.sanyo.co.jp/solar/users/question/index.html

posted by no1太陽光発電Q&A | Comment(0) | 太陽電池・ハイブリッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HIT太陽電池の特長は?

Q:HIT太陽電池の特長はどのようなもの?

【HIT太陽電池】HIT太陽電池とは、Heterojunction with Intrinsic Thin layer (HIT)の略号から来ています。
これは従来にない新しいタイプの結晶SiとアモルファスSi薄膜のハイブリッドタイプの太陽電池です。
HIT太陽電池は、発電層に単結晶Siを用い、半導体の接合部分をアモルファスSi薄膜を用いて形成した構造をもっています。
そのため、太陽電池の重要な部分である接合部における界面特性が飛躍的に改善され、量産レベルでの太陽電池のセル変換効率が19.7%、モジュール変換効率が17.0%と業界トップレベルの性能を実現しています。
また、HIT太陽電池は従来の結晶シリコン太陽電池と比べて温度特性が安定しており、夏場の高温時でも高い変換効率を維持し発電量の低下が少なく、従来の結晶シリコン太陽電池に比べ、年間の発電量で差が出ます。

※2008年2月1日現在


三洋電機/住宅用太陽光発電システム/Q&A/お客様の声より掲載
http://www.sanyo.co.jp/solar/users/question/index.html



posted by no1太陽光発電Q&A | Comment(0) | 太陽電池・ハイブリッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。