アップソーラー:電力会社への売電契約の手続きはどうするのでしょうか?


アップソーラー:太陽光発電Q&A/
電力会社への売電契約の手続きはどうするのでしょうか?



太陽光発電Q&A
あなたの疑問にお答えします
大切なお宅で、ご家族にエネルギーを供給する太陽光発電システム。
安心してお使いいただくために、よくある質問をピックアップしました。


Q. 
電力会社への売電契約の手続きはどうするのでしょうか?



A.
販売店がお申し込みからご契約の成立までお手伝いいたします。






アップソーラー/ホーム/もっと詳しく知りたい/よくあるご質問/太陽光発電Q&A  より掲載
http://upsolar.co.jp/faq.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップソーラー:売電の料金は確認できますか?電力使用料と相殺されるのでしょうか?


アップソーラー:太陽光発電Q&A/
売電の料金は確認できますか?電力使用料と相殺されるのでしょうか?



太陽光発電Q&A
あなたの疑問にお答えします
大切なお宅で、ご家族にエネルギーを供給する太陽光発電システム。
安心してお使いいただくために、よくある質問をピックアップしました。


Q. 
売電の料金は確認できますか?電力使用料と相殺されるのでしょうか?



A.
売電の料金は電力使用料とは別に、ご指定の金融機関の口座に振り込まれますから、その月にいくら電力が売れたか確認できます。





アップソーラー/ホーム/もっと詳しく知りたい/よくあるご質問/太陽光発電Q&A  より掲載
http://upsolar.co.jp/faq.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップソーラー:太陽光発電で100V、200Vどちらの電圧も使用できますか?


アップソーラー:太陽光発電Q&A/
太陽光発電で100V、200Vどちらの電圧も使用できますか?



太陽光発電Q&A
あなたの疑問にお答えします
大切なお宅で、ご家族にエネルギーを供給する太陽光発電システム。
安心してお使いいただくために、よくある質問をピックアップしました。


Q. 
太陽光発電で100V、200Vどちらの電圧も使用できますか?


A.
100Vおよび200V両方対応可能です。別途販売店にご相談ください。






アップソーラー/ホーム/もっと詳しく知りたい/よくあるご質問/太陽光発電Q&A  より掲載
http://upsolar.co.jp/faq.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャープ:電力会社との手続きはどうするのですか?


初めての太陽光発電:よくあるご質問・設置・施工に関するご質問
電力会社との手続きはどうするのですか?



Q. 
電力会社との手続きはどうするのですか?


A.
お客様と電力会社との間で契約していただくことになります。販売店が、お申し込みからご契約の成立までサポートさせていただきますので、ご安心下さい。




シャープ/ホーム/初めての太陽光発電/よくあるご質問/設置・施工に関するご質問  より掲載
http://www.sharp.co.jp/sunvista/first/faqs/anser.html?1&3&4&5&6
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナディアン・ソーラー:売電代金はどのように電力会社から支払われるのですか?



カナディアン・ソーラー:売電代金はどのように電力会社から支払われるのですか?


我が社の太陽光発電に関する設置計画から運用及びメンテナンスの基本事項を説明致します。


Q:
売電代金はどのように電力会社から支払われるのですか?

A:
売電の入金は銀行振込です。売電と買電は相殺されず、別々に扱われます。




カナディアン・ソーラー住宅用太陽光発電システム/保証・サポート/Q&A  より掲載
http://www.canadiansolar.co.jp/support/index.html#q16
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カナディアン・ソーラー:電力会社への売電契約の手続きは?



カナディアン・ソーラー:電力会社への売電契約の手続きは?


我が社の太陽光発電に関する設置計画から運用及びメンテナンスの基本事項を説明致します。


Q:
電力会社への売電契約の手続きは?

A:
販売店がお客様とともにお申し込みからご契約の成立までお手伝いいたします。





カナディアン・ソーラー住宅用太陽光発電システム/保証・サポート/Q&A  より掲載
http://www.canadiansolar.co.jp/support/index.html#q15
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京電力:太陽光発電促進付加金

「太陽光発電促進付加金」のお知らせ

 平成23年度(平成23年4月分から平成24年3月分料金まで)の「太陽光発電促進付加金単価」が決定いたしましたのでお知らせいたします。

太陽光発電促進付加金単価

◎国の審議会(買取制度小委員会)での審議を経て決定された、平成23年度の「太陽光発電促進付加金単価」は以下のとおりとなりました。

◎なお、この単価には、過去における買取費用と実際の「太陽光発電促進付加金」との過不足額として、平成21年11月〜12月の買い取りに要した費用も含まれております。

■平成23年度
低圧供給(従量制)、高圧供給および特別高圧供給の場合
平成23年4月分から平成24年3月分料金まで 0.03円/kWh

◎「太陽光発電促進付加金単価」は、「電気ご使用量のお知らせ」や「電気料金等請求書(電気料金等内訳書)」等にてお知らせいたします。

平成23年度 太陽光発電促進付加金単価のお知らせ (PDF 311KB)
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/pdf/110126.pdf


平成23年3月1日実施の「供給約款等以外の供給条件」 (PDF 199KB)
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/pdf/kyoukygai1103-j.pdf


■平成22年度
平成22年度の太陽光発電促進付加金単価については、こちらをご覧ください。
平成22年度 太陽光発電促進付加金単価のお知らせ (PDF 588KB)
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/pdf/100126.pdf


平成22年10月12日実施の「供給約款等以外の供給条件」 (PDF 199KB)
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/pdf/kyoukygai-j.pdf



東京電力トップページ > 電気料金・各種お手続き:個人のお客さま > 電気料金 > 資料 > 新エネルギー等からの電力購入 > 太陽光発電の余剰電力買取制度について > 太陽光発電促進付加金について より掲載
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/taiyoukou/fukakin-j.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンテックパワー:発電しても使わなかった電気はどうなるの?

よくあるご質問 太陽電池の基本 
Q:発電しても使わなかった電気はどうなるの?



A:昼間に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます(売電)。
逆に、夜は発電することができないので、電力会社から電気を買って使います(買電)。
住宅用の太陽光発電システムでは、発電量が使用量を上回ったときに余った電気は自動的に電力会社に流れます。電力会社から私たちが電気を買うのと同じ単価でその代金を支払ってもらえます。
※経済産業省は、2009年内に余剰電力買取価格を現在の2倍で電力会社が買い取らせる方針を固めています。
太陽電池のメリットはこちら
http://www.suntech-power.co.jp/about/merit.html


サンテックパワートップ> お問い合わせ> よくあるご質問> 太陽電池の基本 /Q:発電しても使わなかった電気はどうなるの? より掲載

http://www.suntech-power.co.jp/inquiry/faq/faq_1.html#Q8
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸電力:太陽光発電の買取制度・よくあるご質問 

よくあるご質問
太陽光発電促進付加金について


Q.平成22年度の太陽発電促進付加金単価が0銭/kWhとなるのはどうしてですか?


平成21年の買取費用の対象が低圧で1か月分、高圧で2か月分のみであったことなどから,太陽光発電促進付加金単価は1銭/kWh未満となり,銭未満が端数処理(1銭未満切捨て)された結果,平成22年度の太陽光発電促進付加金は0銭/kWhとなりました。



--------------------------------------------------------------------------------


Q.太陽光発電促進付加金単価の算定方法は何に基づいていますか?
次の経済産業省告示等に基づき算定しています。
 ・「太陽光発電による電気の調達に関する電気事業者の判断の基準」
  (平成21年経済産業省告示 第278号)
 ・「太陽光発電による電気の調達に関する電気事業者の判断の基準に係る留意事項等」
  (平成21年8月31日 21資省部第2号 21資電部第12号)



--------------------------------------------------------------------------------


Q.平成23年度以降の太陽発電促進付加金単価はどうなりますか?
日照時間や太陽光発電の導入状況により、買取費用が変わることなどから、平成23年度以降の太陽光発電促進付加金単価については、現時点ではわかりません。




太陽光発電の買取制度について


Q.具体的な買取期間はどうなりますか?
A.受給開始日から10年目を迎えた直後の検針日の前日まで、国の定めた価格で余剰電力を購入させていただきます。



--------------------------------------------------------------------------------


Q.10年経過後の買取単価はどうなりますか?
A.適用期間終了までに、当社から買取単価を別途お知らせいたします。



--------------------------------------------------------------------------------


Q.既に太陽光発電設備を設置している場合、買取制度の対象となりますか?
A.既に設置しているお客さまも買取制度の対象となります。初年度の買取単価で、平成21年11月の検針日以降10年間にわたって購入させていただきます。



--------------------------------------------------------------------------------


Q.設置年度により買取単価は変わりますか?
A.各設置年度の買取単価は、太陽光発電の普及状況やパネル価格の動向を見ながら、毎年1〜3月頃に開催される国の審議会で、翌年度の単価が決定されます。



北陸電力:TOP > 太陽光発電の買取制度 > よくあるご質問 より掲載
http://www.rikuden.co.jp/taiyoukoukaitori/shitsumon.html

posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸電力:太陽光発電の新たな買取制度について

太陽光発電の新たな買取制度について



 太陽光発電を含む新エネルギーの普及促進等を目的とする法律※1および同法に基づく経済産業省告示※2を受け、平成21年11月1日から「太陽光発電の新たな買取制度」がスタートいたしました。

※1:エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律(平成21年8月28日施行)
※2:太陽光発電による電気の調達に関する電気事業者の判断の基準(平成21年経済産業省告示第278号)




 太陽光発電設備で発電された電気のうち、自らご使用になった後の余剰電力を国が設定した単価で電力会社が買い取りし、その買い取りに要した費用については、ご家庭や工場・商店など電気をお使いの全てのお客さまに太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)として、平成22年4月から広くご負担いただく制度です。
 なお、平成22年度※3は、「太陽光発電促進付加金単価」が「0銭/kWh」となりましたので、お客さまのご負担はありません。実質的なご負担は、平成23年4月分以降となります。

※3:低圧供給の場合は、平成22年4月1日から平成23年3月分の検針日の前日までの料金
     高圧・特別高圧供給の場合は、平成22年4月1日から平成23年3月31日までの料金)




北陸電力:TOP > 太陽光発電の買取制度 より掲載
http://www.rikuden.co.jp/taiyoukoukaitori/

posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほくでん:太陽光発電の新たな買取について

太陽光発電の新たな買取について

 2009年11月1日から「太陽光発電の新たな買取制度」が始まりました。


 この制度は、太陽光発電の導入拡大を目指す「エネルギー供給構造高度化法」注1)に基づいて制定され、太陽光発電システムによって作られた電力のうち、使われずに余った電力(余剰電力)を、法令で定める条件注2)により電力会社が買取する制度です。
 また、電力会社が余剰電力の買取に要した費用(買取費用)は、「低炭素社会の実現」という観点から、2010年4月以降、「太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)」として、電気を使用する全てのお客さまにご負担いただくことになりました。

注1)
「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」(2009年7月1日成立、同年8月28日施行)
注2)
導入当初は、住宅用(10kW未満)は48円/kWh、それ以外は24円/kWh。自家発電設備併設の場合は、それぞれ39円/kWh、20円/kWh。

経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「太陽光発電の新たな買取制度」ポータルサイト
http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/index.html

太陽光発電促進付加金の導入について
http://www.hepco.co.jp/userate/price/solar_promotion/solar_promotion.html


ポイント1:「買取対象は余剰電力」

 太陽光発電システムにより家庭などで作られた電力のうち、余剰電力が買取対象です。
 ただし、発電事業目的で設置された太陽光発電システムからの買取は対象外となります。

ポイント2:「買取期間は10年固定で買取の単価は固定」

 年度毎に買取価格は異なりますが、発電設備等に変更がない場合は、太陽光発電システム設置以降10年間、単価を固定して買取らせていただきます。

ポイント3:「買取費用は2010年4月以降 電気を使用する全てのお客さまが負担」

 買取費用は、2010年4月以降、「太陽光発電促進付加金」として電気を使用する全てのお客さまにご負担いただきます。

○買取制度イメージ図


経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「太陽光発電の新たな買取制度ポータルサイト」を参考に作成

○買取(余剰電力購入)に関する詳細につきましては、次をご覧ください。

平成22年2月より、買取(余剰電力購入)に関する契約締結の方法が変更となっております。(変更後の取扱いは「太陽光発電設備の設置をご検討されているお客さまへ」をご覧ください。)

太陽光発電設備の設置をご検討されているお客さまへ[PDF:1,930KB]
http://www.hepco.co.jp/ato_env_ene/energy/new_energy/pdf/menu_solar_p1.pdf

太陽光発電設備設置にともなう系統連系および余剰電力購入に関する契約要綱[PDF:249KB]
http://www.hepco.co.jp/ato_env_ene/energy/new_energy/pdf/menu_solar_p2.pdf

太陽光発電余剰電力購入単価表(新たな買取制度の対象)[PDF:232KB]
http://www.hepco.co.jp/ato_env_ene/energy/new_energy/pdf/menu_solar_p3.pdf


ほくでん:HOME > 原子力・環境・エネルギー > エネルギー情報 > 新エネルギーへの取り組み > 太陽光発電の新たな買取について
http://www.hepco.co.jp/ato_env_ene/energy/new_energy/about_solar_purchase.html

posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北電力:太陽光発電の新たな買取制度について

契約のご案内

太陽光発電の新たな買取制度について


太陽光発電の新たな買取制度「太陽光発電の新たな買取制度」は、国民全員参加による低炭素社会の実現を目的としており、電力会社は、太陽光発電で作られた電気のうち、使いきれずに余った電気(余剰となる電気)を、制度開始前の2倍程度の単価により購入します。
買い取りに要した費用は、電気をお使いのみなさまに「太陽光発電促進付加金」として、電気の使用量に応じてご負担いただきます




■関連情報
資源エネルギー庁再生可能エネルギー推進室のホームページ
http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/

余剰電力の購入について
太陽光発電からの余剰電力の購入に関する詳細については、以下をご覧ください。
なお,平成22年4月1日より『購入単価』,『契約要綱』,『申込手続き』等の内容を更新いたしましたのでお知らせします。

≪購入単価についてはこちら≫
太陽光余剰電力購入単価(PDFファイル180KB)
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/service/sl/pdf/12.pdf

≪計量器の取り扱い変更についてはこちら≫
太陽光発電からの余剰電力購入における取引用電力計(売電用メーター)の取扱い変更のお知らせ(PDFファイル36KB)
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/service/sl/pdf/09_6.pdf


≪申込手続き等についてはこちら≫
太陽光発電設備設置にともなう系統連系および余剰電力購入に関する契約要綱(PDFファイル235KB)
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/service/sl/pdf/13.pdf

太陽光発電設備設置にともなう系統連系および余剰電力購入に関する契約要綱のポイント(PDFファイル179KB)
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/service/sl/pdf/14.pdf

太陽光発電余剰電力受給契約の手引き(PDFファイル1,596KB)
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/service/sl/pdf/10.pdf

「新たな買取制度」における太陽光発電からの系統連系および余剰電力売電のご契約手続きフロー図(PDFファイル139KB)
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/service/sl/pdf/11.pdf

新申込様式記入例(PDFファイル397KB)新申込様式記入例(売電用計器例)(PDFファイル70KB)
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/service/sl/pdf/16.pdf


■関連情報
太陽光発電促進付加金
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/rate/sl_surcharge.html


東北電力:トップページ電気料金・ご契約電気のごあんない【個人のお客さま】契約のごあんない太陽光発電の新たな買取制度について より掲載
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/service/sl/purchase.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州電力:新たな「太陽光発電の余剰電力買取制度」について

新たな「太陽光発電の余剰電力買取制度」について




購入料金単価について(平成21年11月から)
http://www.kyuden.co.jp/rate_surplus_solar.html

太陽光発電促進賦課金について(平成22年4月から)
http://www.kyuden.co.jp/rate_purchase_addition.html


 平成21年11月より、国の法令にもとづき、新たな「太陽光発電の余剰電力買取制度」が始まり、太陽光発電の余剰電力を電力会社が買取ることが義務付けられました。

 それにともない、平成22年4月から、前年の買取に要した費用を、当年度、電気をお使いになる全てのお客さまに、電気料金の一部「太陽光発電促進付加金」として、電気のご使用量に応じ公平にご負担いただく制度が始まりました。

 なお、平成22年4月から平成23年3月分までの太陽光発電促進付加金単価は0銭となりましたので、実質的なご負担は平成23年4月分以降となります。


新たな「太陽光発電の余剰電力買取制度」の概要について


●買取対象は余剰電力
太陽光発電システムで作られた電気のうち、自家消費されず余った電気が買取対象となります。既に設置された太陽光発電システムも対象となります。

●買取期間は10年間で買取価格は固定
設置する用途や年度毎に買取価格は異なりますが、原則として、それぞれ価格を10年間固定して買取が行われます。

●全員参加型
買取費用については、電気をお使いのお客さま全員にご負担いただくことになります。


新たな「太陽光発電の余剰電力買取制度および太陽光発電促進付加金」は、


 ・ 「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」(平成21年8月28日施行)
 ・ 同法に基づく経済産業省告示(平成21年8月31日、経済産業大臣名)
によるものです。


九州電力:ホーム > 個人のお客さま > 電気料金のご案内 > 新たな「太陽光発電の余剰電力買取制度」について より掲載
http://www.kyuden.co.jp/rate_purchase_index.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄電力:「太陽光発電の新たな買取制度」について

電力購入

「太陽光発電の新たな買取制度」について


「太陽光発電の新たな買取制度」について
 本制度は、地球温暖化対策として二酸化炭素の排出を押さえる低炭素社会の実現および経済効果、また潜在的な利用可能量が多いことなどを踏まえ、太陽光発電を対象に国がその普及・拡大を目指すために導入しました。

  具体的には、「エネルギー供給構造高度化法※」等にもとづき、ご家庭等に設置した太陽光発電で発電した電気のうち、使われずに余った電気を、国が設定した単価で電力会社に買取りを義務付け、その買取りに要した費用を「太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)」として、電気をお使いの皆さま全員でご負担いただく「全員参加型」の制度となっております。
※ エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律

国(経済産業省)のホームページにおいて、審議会の内容、関係法令、制度内容等をご覧いただけます。
国(経済産業省)のホームページへのリンクはこちら
http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/index.html



ポイント
○買取対象は余剰電力
 ご家庭等に設置した太陽光発電で発電した電気のうち、使われずに余った電気(余剰電力)が買取対象です。

○購入単価は国が設定
 設置する用途や設置した年度毎に購入単価は異なりますが、10年間は国が設定した単価で買取ります。

○全員参加型
 買取りに要した費用は、太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)として電気をお使いの皆さま全員でご負担いただくことになります。



詳細につきましては、こちらをご覧ください。

•「太陽光発電の新たな買取制度」による余剰電力購入について
http://www.okiden.co.jp/corporate/purchase/kaitori.html

•太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)について
http://www.okiden.co.jp/service/taiyoukou/index.html

トピック
平成22年2月23日不審な太陽光発電設置業者の販売活動について
http://www.okiden.co.jp/whats_new/oshirase091209.html

平成22年1月27日プレスリリース:平成22年度太陽光発電促進付加金に関する認可等について(PDF)
http://www.okiden.co.jp/shared/pdf/news_release/2009/100127.pdf

平成22年1月22日プレスリリース:平成22年度太陽光発電促進付加金に関する認可申請等について(PDF)
http://www.okiden.co.jp/shared/pdf/news_release/2009/100122.pdf


沖縄電力 > 会社情報 > 電力購入 > 「太陽光発電の新たな買取制度」について より掲載
http://www.okiden.co.jp/corporate/purchase/legal.html

posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーラーフロンティア:ご家庭のお住まいの太陽光発電の効果をかんたんにシュミュレーション

ご家庭のお住まいの太陽光発電の効果をかんたんにシュミレーション



お近くの地域を選んでください。
都道府県選択

*あくまで効果の目安です。効果は各ご家庭によって異なります。



ソーラーフロンティア株式会社/トップページ/高熱費シュミレーション より掲載
http://www.solar-frontier.com/jp/simulation/index.html?region=na
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東芝:住宅用太陽光発電Q&A:発電して使わなかった電気はどうなりますか?

東芝 住宅用太陽光発電システム よくある質問 Q&A


Q11:発電して使わなかった電気はどうなりますか?

A11:昼間に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社へ売電できます。夜は発電することができないので、電力会社から買電することになります。2009年11月から従来の2倍の金額となる48円/kWhで電力会社に電気を売ることができるようになりました。この買い取り金額は10年間保証されています(発電設備等に変更がない場合)。なお、この制度により、電力会社が買い取りに必要とする費用(太陽光サーチャージ)は、電気を利用するすべての方が負担することになっています。

*住宅用(10kW未満)は48円/kWh、非住宅用は24円/ kWh(2010年3月末までに買い取りのお申し込みをされた場合)。燃料電池発電など自家発電設備併設の場合、住宅用は39円/kWh、非住宅用は20 円/kWh。最新の情報は資源エネルギー庁ホームページ「太陽光発電の新たな買取制度」でご確認ください。



東芝/電力・流通産業システム社/住宅用太陽光発電システム/よくあるご質問 より掲載
http://www3.toshiba.co.jp/sic/h-solar/question/index_j.htm#q11
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東芝:住宅用太陽光発電Q&A:電力会社との手続きは必要ですか?

東芝 住宅用太陽光発電システム よくある質問 Q&A



Q10:電力会社との手続きは必要ですか?

A10:基本的にはお客様と電力会社との契約になりますが、販売店がお客様とともにお申し込みからご契約の成立までサポートさせていただきます。



東芝/電力・流通産業システム社/住宅用太陽光発電システム/よくあるご質問 より掲載
http://www3.toshiba.co.jp/sic/h-solar/question/index_j.htm#q10
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力:太陽光発電:どうして費用を負担しなければならないのですか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (太陽光発電からの買取制度について)


Q:どうして費用を負担しなければならないのですか?


A:太陽光発電の新たな買取制度は、国民全員の力で低炭素社会を目指す「全員参加型」が基本方針とされていることから、購入に要した費用の負担については、すべてのお客さまに電気のご使用量に応じて広く薄くご負担いただきます。
なお、費用のご負担は、エネルギー供給構造高度化法およびその実施にあたっての判断の基準となる大臣告示に基づくものです。
関連情報

(参考)経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「太陽光発電の新たな買取制度」
http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/index.html


(参考)経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「エネルギー供給構造高度化法について」
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/koudoka/index.htm



中部電力/HOME > HOME>よくあるご質問>太陽光発電からの買取制度について> より掲載
http://www.chuden.co.jp/faq/faq_taiyoko/3005183_7679.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力:太陽光発電・いくらで買い取ってもらえるのですか?


よくある質問
太陽光発電Q&A (太陽光発電からの買取制度について)
Q:いくらで買い取ってもらえるのですか?




A:以下の区分により単価が設定されています。

・制度開始初年度の購入単価


発電能力


単価

住宅用 【低圧連系のお客さま】


10kW未満


48円/kWh

10kW以上


24円/kWh


非住宅用 【高圧連系のお客さま】


500kW未満


24円/kWh

500kW以上


制度対象外

なお、購入単価は、太陽光発電の導入状況や市場価格推移等を踏まえて低減させていくものとされており、毎年度、国の審議会で見直されることになっております。


中部電力/HOME > HOME>よくあるご質問>太陽光発電からの買取制度について> より掲載
http://www.chuden.co.jp/faq/faq_taiyoko/3005181_7679.html




posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力:太陽光発電・いつまで買い取ってもらえるのですか?

太陽光発電Q&A (太陽光発電からの買取制度について)


Q:いつまで買い取ってもらえるのですか?

よくある質問


A:購入をさせていただく期間は、この制度による購入を開始してから10年間です。



中部電力/HOME > HOME>よくあるご質問>太陽光発電からの買取制度について> より掲載
http://www.chuden.co.jp/faq/faq_taiyoko/3005180_7679.html



posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力:太陽光発電・すでに太陽光を買い取ってもらっているけど、新しい制度への変更にはどういった手続きが必要ですか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (太陽光発電からの買取制度について)


Q:すでに太陽光を買い取ってもらっているけど、新しい制度への変更にはどういった手続きが必要ですか?



A:申込等のお手続きは不要です。太陽光契約について、ご契約内容の変更のお知らせを送付しておりますのでご確認ください。



中部電力/HOME > HOME>よくあるご質問>太陽光発電からの買取制度について> より掲載
http://www.chuden.co.jp/faq/faq_taiyoko/3005179_7679.html


posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力:太陽光発電Q&A・いつから買い取ってもらえるのですか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (太陽光発電からの買取制度について)


Q:いつから買い取ってもらえるのですか?




A:平成21年11月から購入を開始させていただきます。
なお、平成21年11月以前に当社との太陽光契約を締結しているお客さまについても対象となります。




中部電力/HOME > HOME>よくあるご質問>太陽光発電からの買取制度について> より掲載
http://www.chuden.co.jp/faq/faq_taiyoko/3005178_7679.html

posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力:太陽光発電Q&A・なにが買取の対象となりますか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (太陽光発電からの買取制度について)


Q:なにが買取の対象となりますか?



A:太陽光発電設備により発電される電気のうち、お客さまが消費されずに余った電気です(余剰電力)。
ただし、次のものを除きます。


* 太陽光発電設備の発電能力が500kW以上のもの
* 太陽光発電設備の発電能力が50kW以上で、電気需給契約の契約電力を上回る場合
* 発電事業目的で設置された太陽光発電設備
* 太陽光発電設備が設置された施設又は設備において昼間の電力消費が一年間を通じてほとんどなく、又は昼間の電力消費がある時期に限られているもの(定額電灯、臨時電灯・電力、公衆街路灯、農事用電力、融雪用電力、深夜電力)



中部電力/HOME > HOME>よくあるご質問>太陽光発電からの買取制度について> より掲載
http://www.chuden.co.jp/faq/faq_taiyoko/3005177_7679.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力:太陽光発電Q&A・太陽光発電の新たな買取制度はどんな制度ですか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (太陽光発電からの買取制度について)


Q:太陽光発電の新たな買取制度はどんな制度ですか?



A:太陽光発電の新たな買取制度は、国民全員参加のもと低炭素社会の実現を目指す「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」(略称:「エネルギー供給構造高度化法」)およびその実施にあたっての判断の基準となる大臣告示に基づき、太陽光発電による電気の調達を進める制度です。
この制度において、電力会社は、太陽光発電設備により発電される電気のうち、自家消費されずに余った部分(=余剰電力)を購入し、購入に要した費用は、すべてのお客さまに電気のご使用量に応じてご負担いただきます。


関連情報

太陽光発電からの余剰電力購入
http://www.chuden.co.jp/ryokin/shikumi/taiyoko/index.html

(参考)経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「太陽光発電の新たな買取制度」
http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/index.html



中部電力/HOME > HOME>よくあるご質問>太陽光発電からの買取制度について> より掲載
http://www.chuden.co.jp/faq/faq_taiyoko/3005176_7679.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中部電力:太陽光発電の新たな買取制度について(2009年11月よりスタート)

ご契約・料金のしくみ 太陽光発電からの余剰電力購入
太陽光発電の新たな買取制度について(2009年11月よりスタート)




太陽光発電からの余剰電力(太陽光発電設備により発電される電気のうち、自家消費されずに余った電気)について、これまでは、当社の自主的な取り組みとして、「当社がお客さまに電気を販売する単価」と同水準で購入してきました。


このたび、「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用および化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」(略称:「エネルギー供給構造高度化法」)の成立にともない、本法律および関係法令などに基づき、2009年11月より太陽光発電の新たな買取制度(以下「新たな買取制度」といいます。)が始まることとなりました。新たな買取制度は、国民全員参加による低炭素社会の実現を目的としており、電力会社は、太陽光発電からの余剰電力を国が示した単価により購入し、電力会社が購入に要した費用については、電力会社のネットワークを利用するすべてのお客さまに、2010年4月から「太陽光発電促進付加金」として、電気のご使用量に応じてご負担いただくこととなります。

【図解】太陽光発電の新たな買取制度について
新たな買取制度に基づく購入
1.対象について

太陽光発電の余剰電力が対象となります。ただし、次に該当する設備からの電気を除きます。

* 太陽光発電設備の発電能力が500kW以上のもの
* 太陽光発電設備の発電能力が50kW以上で、電気需給契約の契約電力を上回る場合
* 発電事業目的で設置された太陽光発電設備
* 太陽光発電設備が設置された施設または設備において昼間の電力消費が一年間を通じてほとんどなく、または昼間の電力消費が一定時期に限られているもの(定額電灯、臨時電灯・電力、公衆街路灯、農事用電力、融雪用電力、深夜電力)


2.購入期間について

購入期間は、買取制度による購入を開始してから10年間です。

3.購入単価について


2011年3月31日までに当社が太陽光契約の申込みを受け、かつ原則として2011年6月30日までに電力受給を開始した場合に下記の購入単価を適用いたします。
なお、2009年11月以前に当社との太陽光契約を締結しているお客さまについても下記の購入単価を適用いたします。

購入単価
住宅用 (低圧連系のお客さま)
適用区分 発電能力(注1) 料金単価(円/kWh)
太陽光発電設備のみの場合 10kW未満 48
10kW以上 24
その他発電設備などを併設の場合(注2) 10kW未満 39
10kW以上 20

非住宅用(高圧連系のお客さま)
適用区分 発電能力(注1) 料金単価(円/kWh)
太陽光発電設備のみの場合 500kW未満 24
500kW以上 買取制度対象外
その他発電設備などを併設の場合(注2) 500kW未満 20
500kW以上 買取制度対象外


(注1)「発電能力」は、太陽電池パネルとパワーコンディショナーのいずれか小さい方の出力の値となります。

(注2)「その他発電設備などを併設の場合」とは、自家発電設備など(燃料電池、ガスエンジン、蓄電池など)を併設し、当該設備からの電気が当社系統へ逆潮流しないものの、併設により太陽光発電設備からの逆潮流量が増加しうる場合をいいます。

4.購入単価の見直しについて

購入単価については、太陽光発電の導入状況や市場価格推移などを踏まえて低減させていくものとされており、毎年度、国の審議会で見直されることになっております。
なお、発電設備などの内容に変更がなければ、ご契約いただいた時点の単価がそのまま10年間適用されます。

【図解】購入単価の見直しについて
ご参考

新たな買取制度については、国のホームページでも紹介されています。

経済産業省資源エネルギー庁ホームページ
太陽光発電の新たな買取制度
http://www.enecho.meti.go.jp/kaitori/index.html

エネルギー供給構造高度化法について
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/koudoka/index.htm


新たな買取制度の対象外となる太陽光発電設備からの購入

お客さまが、新たな買取制度の対象外の太陽光発電設備により発電される電気を当社に販売することを希望される場合、当社は、新エネルギーの普及促進およびエネルギーの有効利用の観点から、以下のとおりの条件で購入いたします。
1.電気価値と環境価値(注)を合わせて販売することを希望される場合

(注)RPS法に基づく環境価値をいいます。

新たな買取制度対象外の場合で、「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(RPS 法)」の設備認定を受けた太陽光発電設備からの電気価値および環境価値をあわせて販売することを希望されるときは、以下のPDFファイルの条件で購入いたします。
2009年度

太陽光発電からの電力購入(RPS価値あり)について [PDF:140KB]
http://www.chuden.co.jp/resource/ryokin/taiyoko_p_index_01.pdf

2010年度

太陽光発電からの電力購入(RPS価値あり)について [PDF:93KB]
http://www.chuden.co.jp/resource/ryokin/taiyoko_p_index_03.pdf


2.電気価値のみを販売することを希望される場合

新たな買取制度対象外の太陽光発電設備からの電気価値のみの販売を希望される場合については、以下の PDFファイルの条件で購入いたします。
2009年度

太陽光発電からの電力購入(RPS価値なし)について [PDF:139KB]
http://www.chuden.co.jp/resource/ryokin/taiyoko_p_index_02.pdf

2010年度

太陽光発電からの電力購入(RPS価値なし)について [PDF:98KB]
http://www.chuden.co.jp/resource/ryokin/taiyoko_p_index_04.pdf


中部電力:HOME>電気料金・手続き>ご契約・料金のしくみ>太陽光発電からの余剰電力購入 より掲載
http://www.chuden.co.jp/ryokin/shikumi/taiyoko/index.html

posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・:「自家発電設備等を併設の場合」は、「太陽光発電設備単独の場合」よりも買取単価がなぜ低いのか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (買取制度について)


Q:「自家発電設備等を併設の場合」は、「太陽光発電設備単独の場合」よりも買取単価がなぜ低いのか?




A:自家発電設備等を併設することによって余剰電力量が増加する結果となります(押し上げ効果)。
このような押し上げ効果に相当する部分につきましては、太陽光発電設備単独からの余剰電力と同視することは適当でないとの判断により、押し上げ効果に相当する部分の価値を減じた買取単価とすることが国により定められました。





関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq18
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・住宅用において太陽光発電設備容量が「10kW未満」と「10kW以上」とでは買取単価がなぜ異なるのか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (買取制度について)


Q:住宅用において太陽光発電設備容量が「10kW未満」と「10kW以上」とでは買取単価がなぜ異なるのか?




A:住宅用で10kW以上の太陽光発電設備を設置されるお客さまの買取単価につきましては、新たな買取制度による買取の総額と国民の負担を可能な限り抑えるという観点をふまえ、非住宅用のお客さまと同水準とすることが国により定められました。



関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq17

posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・適用期間終了後(受給開始から10年後)の買取単価はどうなるのですか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (買取制度について)


Q:適用期間終了後(受給開始から10年後)の買取単価はどうなるのですか?




A:適用期間終了後は、関西電力が買取単価を別途お知らせいたします。





関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq16


posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・買取料金はどのように支払われますか。

よくある質問
太陽光発電Q&A (買取制度について)


Q:買取料金はどのように支払われますか。






A:買取料金は、検針日の翌日から起算して20日目※にお客さまが指定される口座に振り込みさせていただきます。なお、電気料金との差し引きは行いません。
※土日・休日・祝日の関係で前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

<買取料金の計算例>
住宅用(低圧連系)で、H22年度に10kW未満の太陽光発電設備を単独設置される場合
以下、サーチャージの算定のような式を記載したいと思います。

買取料金(円)=太陽光発電からの受給電力量(kWh)※1×買取単価(円/kWh)※2

※1 受給電力量とは、お客さまから当社が買取らせていただく電力量のことをいいます。

※2 買取単価についてはこちらをご覧ください。
http://www.denka-life.com/alldenka/solar/sell.html

買取料金・買取単価には消費税等相当額を含みます。なお、燃料費調整は実施しません。




関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq15
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・毎月の受給電力量はどのようにお知らせされるのですか。

よくある質問
太陽光発電Q&A (買取制度について)


Q:毎月の受給電力量(お客さまから当社が買取らせていただく電力量)はどのようにお知らせされるのですか。




A:受給電力量(お客さまから当社が買取らせていただく電力量)については、毎月の検針日に計量のうえ、「受給電力量のお知らせ」(検針票)にてお知らせします。




関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq14
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・電力受給契約において収入印紙は必要になるのですか?

よくある質問
太陽光発電Q&A (買取制度について)


Q:電力受給契約において収入印紙は必要になるのですか?





A:お客さまによる収入印紙のご負担は発生いたしません。
なお、お客さまが「営業者※」に該当する場合は、当社からお客さまに送付させていただく「太陽光発電に関する電力受給契約のご案内」が、「印紙税法基本通達別表第一 第7号文書」に該当するため、収入印紙の貼付が必要となりますが、当社が負担して貼付いたします。


※営業者とは、「営利を目的として同種の行為を反復継続して行う者」であり、例えば、株式会社、有限会社等の営利法人、個人商店、個人事務所等は営業者に該当いたします。



関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq13
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・「太陽光発電に関する電力受給契約のご案内」はいつ頃、送付されますか。

よくある質問
太陽光発電Q&A (買取制度について)


Q:「太陽光発電に関する電力受給契約のご案内」はいつ頃、送付されますか。





:当社がお申込みを受け付けてから必要な手続きを経て送付させていただくため、お申込みから1ヵ月程度が目安となりますが、状況によっては前後する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。
詳しくはこちら。
http://www.denka-life.com/alldenka/solar/flow.html




関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq12
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・機器の寿命は?

よくある質問
太陽光発電Q&A


Q:機器の寿命は?



A:一般的に、太陽電池モジュールは20年以上、パワーコンディショナは10〜15年と言われています。(太陽光発電協会ホームページより)
詳しくは、太陽光発電システム取り扱いメーカーにお問い合わせください。






関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq9
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・停電時には太陽光で発電した電気は使用できるのか?

よくある質問
太陽光発電Q&A


Q:停電時には太陽光で発電した電気は使用できるのか?



A:停電時には、太陽光発電側を自立運転モードに切り替えることで、ほとんどの場合専用コンセント(AC100V)で電気が使用できま。(シャープの場合、最大1.5KWまで)




関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq5





posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・太陽光発電とオール電化を組み合わせた場合、どの程度環境にやさしいのか?

よくある質問
太陽光発電Q&A


Q:太陽光発電とオール電化を組み合わせた場合、どの程度環境にやさしいのか?



A:「太陽光発電」と「オール電化」は、環境面において非常に優れていると考えています。例えば戸建4LDKにお住まいで4人家族の場合で、オール電化に加え太陽光発電設備容量が3kWの太陽光発電を設置すると1年間で約1,510kg-CO2(約53%)の削減になります。
[当社試算]※試算条件 なお、発電量は地域・方位・角度等により異なりますので、まずは光熱費シミュレーションをお試しください



*** 年間のCO2、光熱費比較の試算条件 ***
年間のCO2、光熱費比較の試算条件
年間のCO2、光熱費の比較は、下記条件に基づいて当社で試算したものです。
実際のCO2および光熱費は各ご家庭の使用状況によって異なります。

  都市ガス併用住宅 オール電化住宅
●家族想定 戸建4LDKにお住まいで4人家族のご家庭
●年間負荷
(用途別のエネルギー需要) 給湯16.3GJ、調理1.9GJ
冷房(電気エアコン)8.0GJ 暖房(電気エアコン)15.7GJ 電灯・コンセント14.7GJ
 〔J(ジュール)とはエネルギー量を示す単位 1J=約0.239cal 1GJ(ギガジュール)=10億J〕 
●比較機器およびその効率 従来都市ガス給湯器84%(大阪ガスカタログによる)
都市ガスコンロ56%(大阪ガスカタログによる)  エコキュート(370Lタイプ1.5kW)APF*=3(メーカー調べ)
IHクッキングヒーター90%(メーカー調べ)
●共通機器およびその効率 電気エアコン冷房COP=3.83・電気エアコン暖房COP=4.57
(省エネルギーセンターカタログによる)
●年間のエネルギー使用量 電気使用量5,612kWh
ガス使用量506m³
(再掲)従来都市ガス給湯器のみのガス使用量431m³ 電気使用量7,703kWh(デイタイム1,135kWh・リビング
タイム3,869kWh・ナイトタイム2,699kWh)
(再掲)エコキュートのみの電気使用量1,507kWh
(リビングタイム161kWh・ナイトタイム1,346kWh)
●適用料金メニュー 電気:「従量電灯A」適用 口座振替割引適用
都市ガス:大阪ガス「一般ガス」適用
(「料金表B」または「料金表C」) 電気:「はぴeプラン」適用 契約容量が10kVAまでの
お客さま 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額168円/kVA 口座振替割引適用
●CO2排出係数 電気:0.299kg-CO2/kWh
(「地球温暖化対策の推進に関する
法律」等に基づき算出したCO2クレ
ジット反映後の平成20年度当社
実績値) **
都市ガス:2.29kg-CO2/m³
(大阪ガス公表値) 電気:0.299kg-CO2/kWh
(「地球温暖化対策の推進に関する法律」等に基づき
算出したCO2クレジット反映後の平成20年度当社
実績値) **
●その他 CO2は10kg-CO2未満を四捨五入 金額は百円未満を四捨五入 消費税含む 機器単体の比較の場合は、基本料金を按分 平成20年11月現在の単価適用 別途燃料費調整制度等により試算結果が変わる場合があります

*エコキュートのAPF(通年エネルギー消費効率)とは、消費者の使用実態を考慮に入れた給湯効率を示すために、一年を通して、ある一定の条件のもとにエコキュートを運転した時の単位消費電力量あたりの給湯熱量を表したもの。
**CO2クレジット反映前の排出係数は、0.355 kg-CO2/kWh(平成20年度当社実績値)。
●太陽光発電併用の比較は、別途下記条件を設定。
年間の購入電力量5,775kWh(デイタイム251kWh、リビングタイム2,875kWh、ナイトタイム2,649kWh)の場合。
太陽光発電設備容量は3.0kWタイプを南面、傾斜角30度、大阪に設置した場合。年間発電量は3,248kWh。
年間のCO2比較は、太陽光発電による発電量全量に相当するCO2を差し引いた場合の算定。
余剰電力の買取単価48円/kWh(太陽光発電設備容量10kW未満)の場合。


関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq2




posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・オール電化と太陽光発電を設置する場合の費用はいくらか?

よくある質問
太陽光発電Q&A


Q:オール電化と太陽光発電を設置する場合の費用はいくらか?



A:当社では販売いたしておりませんので分かりかねますが、当社のグループ会社で販売をしております。詳しくは、電化ライフ相談室へお気軽にお問い合わせください。


*** 参考 ***
電化ライフ相談室
http://www.denka-life.com/qa/index.html



関西電量/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq2




posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西電力:太陽光発電Q&A・太陽光発電とオール電化を組み合わせた場合、どの程度お得になるのか?

よくある質問
太陽光発電Q&A


Q:太陽光発電とオール電化を組み合わせた場合、どの程度お得になるのか?



A:「太陽光発電」と「オール電化」は、経済面において非常に優れていると考えています。例えば戸建4LDKにお住まいで4人家族の場合で、オール電化に加え太陽光発電設備容量が3kWの太陽光発電を設置すると1年間で約181,300円光熱費を削減できます。
[当社試算]※試算条件 なお、発電量は地域・方位・角度等により異なりますので、まずは光熱費シミュレーションをお試しください。
※機器費用、工事費用は含まれておりません。
※光熱費の削減額はあくまでも試算条件に基づいたもので、実際の光熱費は各ご家庭の使用状況によって異なります。




*** 試算条件 ***
年間のCO2、光熱費比較の試算条件
年間のCO2、光熱費の比較は、下記条件に基づいて当社で試算したものです。
実際のCO2および光熱費は各ご家庭の使用状況によって異なります。

  都市ガス併用住宅 オール電化住宅
●家族想定 戸建4LDKにお住まいで4人家族のご家庭
●年間負荷
(用途別のエネルギー需要) 給湯16.3GJ、調理1.9GJ
冷房(電気エアコン)8.0GJ 暖房(電気エアコン)15.7GJ 電灯・コンセント14.7GJ
 〔J(ジュール)とはエネルギー量を示す単位 1J=約0.239cal 1GJ(ギガジュール)=10億J〕 
●比較機器およびその効率 従来都市ガス給湯器84%(大阪ガスカタログによる)
都市ガスコンロ56%(大阪ガスカタログによる)  エコキュート(370Lタイプ1.5kW)APF*=3(メーカー調べ)
IHクッキングヒーター90%(メーカー調べ)
●共通機器およびその効率 電気エアコン冷房COP=3.83・電気エアコン暖房COP=4.57
(省エネルギーセンターカタログによる)
●年間のエネルギー使用量 電気使用量5,612kWh
ガス使用量506m³
(再掲)従来都市ガス給湯器のみのガス使用量431m³ 電気使用量7,703kWh(デイタイム1,135kWh・リビング
タイム3,869kWh・ナイトタイム2,699kWh)
(再掲)エコキュートのみの電気使用量1,507kWh
(リビングタイム161kWh・ナイトタイム1,346kWh)
●適用料金メニュー 電気:「従量電灯A」適用 口座振替割引適用
都市ガス:大阪ガス「一般ガス」適用
(「料金表B」または「料金表C」) 電気:「はぴeプラン」適用 契約容量が10kVAまでの
お客さま 通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額168円/kVA 口座振替割引適用
●CO2排出係数 電気:0.299kg-CO2/kWh
(「地球温暖化対策の推進に関する
法律」等に基づき算出したCO2クレ
ジット反映後の平成20年度当社
実績値) **
都市ガス:2.29kg-CO2/m³
(大阪ガス公表値) 電気:0.299kg-CO2/kWh
(「地球温暖化対策の推進に関する法律」等に基づき
算出したCO2クレジット反映後の平成20年度当社
実績値) **
●その他 CO2は10kg-CO2未満を四捨五入 金額は百円未満を四捨五入 消費税含む 機器単体の比較の場合は、基本料金を按分 平成20年11月現在の単価適用 別途燃料費調整制度等により試算結果が変わる場合があります

*エコキュートのAPF(通年エネルギー消費効率)とは、消費者の使用実態を考慮に入れた給湯効率を示すために、一年を通して、ある一定の条件のもとにエコキュートを運転した時の単位消費電力量あたりの給湯熱量を表したもの。
**CO2クレジット反映前の排出係数は、0.355 kg-CO2/kWh(平成20年度当社実績値)。
●太陽光発電併用の比較は、別途下記条件を設定。
年間の購入電力量5,775kWh(デイタイム251kWh、リビングタイム2,875kWh、ナイトタイム2,649kWh)の場合。
太陽光発電設備容量は3.0kWタイプを南面、傾斜角30度、大阪に設置した場合。年間発電量は3,248kWh。
年間のCO2比較は、太陽光発電による発電量全量に相当するCO2を差し引いた場合の算定。
余剰電力の買取単価48円/kWh(太陽光発電設備容量10kW未満)の場合。



関西電力/HOME > よくあるご質問 > 太陽光発電 Q&A より掲載
http://www.denka-life.com/use/faq/solar.html#faq1


posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京電力:太陽光発電Q&A・「太陽光発電促進付加金単価」はどのように算定されるのか?

東京電力:主なご質問Q&A

太陽光発電促進付加金について


Q:「太陽光発電促進付加金単価」はどのように算定されるのか?




A:毎年、前年の1月から12月における余剰電力の買い取りに要した費用の実績をもとに、当年度の4月分から3月分料金までに適用される「太陽光発電促進付加金単価」が算定されます。



東京電力/トップページ > 電気料金・各種お手続き:個人のお客さま > 電気料金 > 資料 > 新エネルギー等からの電力購入 > 太陽光発電の新たな買取制度について > 主なご質問 より掲載
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/taiyoukou/faq-j.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京電力:太陽光発電Q&A・「太陽光発電促進付加金」を、太陽光発電設備の設置者のみならず、電気の使用者全員で負担するのはなぜか?

東京電力:主なご質問Q&A

太陽光発電促進付加金について
Q:「太陽光発電促進付加金」を、太陽光発電設備の設置者のみならず、電気の使用者全員で負担するのはなぜか?






A:国の審議会において、低炭素社会の実現に向けた「全員参加型」の制度設計とすることを基本方針として、全てのお客さまが電気のご使用量に応じて広くご負担いただくこととなりました。



東京電力/トップページ > 電気料金・各種お手続き:個人のお客さま > 電気料金 > 資料 > 新エネルギー等からの電力購入 > 太陽光発電の新たな買取制度について > 主なご質問 より掲載
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/taiyoukou/faq-j.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京電力:太陽光発電Q&A・買い取りに要する費用は誰が負担するのか?

東京電力:主なご質問Q&A

太陽光発電促進付加金について


Q:買い取りに要する費用は誰が負担するのか?



A:国の審議会(総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会および電気事業分科会)において、買取費用については、電気料金と一体的なものとして位置づけ、電気をお使いになる全てのお客さまに「太陽光発電促進付加金」としてご負担いただくこととなりました。



東京電力/トップページ > 電気料金・各種お手続き:個人のお客さま > 電気料金 > 資料 > 新エネルギー等からの電力購入 > 太陽光発電の新たな買取制度について > 主なご質問 より掲載
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/taiyoukou/faq-j.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・買取制度・売電・償却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。