三洋電機:スクールニューディール構想とは

三洋電機のスクールニューディール構想とは




小・中・高等学校などに約1兆1000億円という大規模投資を行う「スクールニューディール構想」。避難所機能強化にもつながる「耐震化」や、太陽光発電パネル設置などの「エコ化」、パソコン整備などの「ICT(情報通信技術)化」を3年間で集中的に進めるもので、特に環境効果の大きい太陽光パネルは、現在の10倍=1万2000校への設置をめざしており、構想推進の主役的な役割が期待されます。

「環境・エナジー先進メーカー」を目指すSANYOは、スクールニューディール構想をはじめ、
「環境・省エネ」「安心・安全」「教育支援」の観点からトータルにご提案します

環境負荷低減、省エネに貢献します
太陽光発電システム

安全安心な学校設備つくりに貢献します
セキュリティ監視カメラシステム

地域の防災拠点としての機能向上に貢献します
ソーラー街路灯

災害時の非常用電源として学校へ常備設置
ポータブル電源/ソーラーライト/エネループ

ICT化による学力、IT活用能力向上に貢献します
プロジェクタ

空間清浄で快適な学習環境ずくりに貢献します
空間清浄システム

スクールニューディール関連機器
導入に関するお問い合わせ



三洋電機/業務用機器/ソリューション・サービス/スクールニューディール/より掲載
products.jp.sanyo.com/biz/solution/school-new-deal/
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・公共・産業設置事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。