設置を考えている人へ:公共・産業施設編 チェックポイント 導入目的の明確化と事前調査

Q:設置を考えている人へ
  公共・産業施設編 チェックポイント Step 1 導入目的の明確化と事前調査


具体的に各段階で何をするのか、どのような点に気を付ければいいのか、チェックポイントをまとめました。


太陽光発電システムの導入に向けて、社内で意志統一を図るとともに、設置する周辺環境などについて調査・検討します。



導入目標・理由を明確にする

最初に、太陽光発電システムを導入する目的や必要性を明確にしましょう。
それによって、検討すべき課題やシステムの設計内容が変わってきます。

なぜ導入するの?

電気料金を削減したい
災害時に非常用電源として利用したい
予備電力として利用したい
CO2排出量削減で温暖化防止に貢献したい
CSR活動の一環として環境問題に取り組みたい
無電化地域での電源を確保したい
未利用地、遊休スペースを有効利用したい



事前に行いたい調査

企画・設計の前提となる条件を調査・検討します。必要に応じて、設置業者に現地調査を依頼し、導入プランの提案を受けてもいいでしょう。




〈設置場所、スペース〉
十分な日射量が確保できるか地域か、太陽電池モジュールを設置するスペースがあるかなどを確認します。


〈建物の構造、方位角〉
建物のどこに設置するかを検討します(屋根、窓、壁、地上など)。屋根に設置する場合は、屋根の仕様や勾配なども調べます。建物の設計図面を用意するといいでしょう。

日射量は、太陽電池モジュールを設置する方位や角度によって変わります。
下図の通り、真南で傾斜角度30°で日射量が最大となるので、この方位角・傾斜に設置すると効率の良い発電が行えることが分かります。



〈周辺環境〉
積雪や塩害の有無、近隣の高層建築物や樹木の影による影響、モジュール表面の反射光の周辺への影響も要チェック。


〈設置時期〉
システムによって異なりますが、着工〜運転開始まで10kWシステムで1〜2カ月、それ以上の規模になると3〜4カ月かかります。企画・設計にかかる期間も見込んでスケジュールを逆算します。雨天が続くと工期が延びるので、梅雨の時期を避けるといいですね。


〈設計条件〉
防火基準、基準風速、積雪量、風致地区、その他の条例などを確認します。


  
JPEA太陽光発電協会/02設置を考えている人へ 公共・産業施設編より掲載
http://www.jpea.gr.jp/12setb01.html
posted by no1太陽光発電Q&A | 太陽光発電・公共・産業設置事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。